PAPER MAGAZINE

株式会社オカムラとForbes JAPAN編集部のコラボレーションによる、
「はたらく」を考えるビジネス誌です。
組織内で変革を起こしたい人に、経営戦略の視点から新たな価値を生み出す「働き方」や「働く場」の情報を発信します。

10月3日(木)に発刊する『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 05』では、アジアを起点とする新たな働き方や経営哲学にフォーカスしました。
本誌は、全国書店・インターネットにてお求めいただけます。

ISSUE 05

「ALTERNATIVE WAY」 
 アジアの新・仕事道 

「成長」「効率」「競争」といった価値観が代表する20世紀の資本主義経営が限界を迎えつつあります。日本企業も大量生産・消費のビジネスモデルをけん引し、それらを追随してきました。令和という新しい時代を迎え、私たちは未来をつくる発想や考え方、働き方など仕事のあり方を見直す時が来ています。そしてこれらは必ずしも欧米諸国から生み出されるものではなく、もう既に身近にあるものではないでしょうか。そんな問いから今号では、東アジアに目を向け、韓国、台湾、そして日本の企業、経営者、街や人々を取材しました。アジアで見えてきたオルタナティブな働き方や経営哲学を新たな“仕事道(しごとどう)”として紹介します。
 

名称:WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 05
発売日:2019年10月3日(木) 
価格:998円(907円+税)
判型:B5変形 無線綴じ 
ページ数:104ページ
発行元:リンクタイズ株式会社(発行人:上野 研統) 
発売元:株式会社プレジデント社 
編集企画:株式会社オカムラ(編集長:山田 雄介) 
販売方法:全国書店・インターネット 

CONTENTS
VISIONARY WORKSPACE
1  アジアン・ワークスペースの最前線
COVER STORY
10  世界を惹きつける「新しい日本らしさ」とは
PART 1  道草試行
20  CASE 1
   大切なのは戦略より「思いつき」の最大化
27  COLUMN
   なぜ韓国企業は「見せ方」が上手いのか?
28  CASE 2
   「感覚」を科学するシューズの開発哲学
34  CASE 3
   「売る」ことから考えないカルチャー書店の草分け
38  INSIGHT
   いま、世界がアジア的価値観を求める理由
40  COLUMN
   台湾クリエイティブに宿る「らしさ」の源流
PART 2 和合革新
44  CASE 1
   規模じゃなく、「いい会社」世界一へ
52  CASE 2
   異文化融合の秘訣は「余白」にあり
56  CASE 3
   「売れる良書」を生むチームプレイの仕組み
59  COLUMN
   ティール組織にはゼネラリストが不可欠だ
60  CASE 4
   「ユーザーの連帯」が社会を変える
62  COLUMN
   世界一オープンな政府の秘密
PART 3 喜楽循環
66  CASE 1
   「怒り」から生まれたロックなサステナブル
73  COLUMN
   成功する「サーキュラー・デザイン」の条件
74  CASE 2
   社会と個人の「ヘルシーな関係」を目指す
79  COLUMN
   地球にやさしいアジアの会社9選
80  CASE 3
   ポップに世に問う国民的社会派雑誌
84  SPECIAL REPORT
   深圳で見た「2つのグローバリズム」
DATA AND TRENDS
89  日・韓・台の「働く」「暮らす」
  
90  データでみる社会・教育・経済
  
92  スタートアップで働く若者の本音
  
94  キーワードから考える東洋のいま
  
96  お国柄が表れる個性派雑誌
  
98  ミレニアルズのヒーローたち
101  INFORMATION
102  WRAP UP
お問い合わせはこちら

私たちWORK MILLは、
さまざまな企業や組織との共創のプロジェクトを通じて、
これからの「はたらく」に向けた新しい価値創造を目指します。
まずはお気軽にご相談ください。

BACK NUMBER

WEB MAGAZINE

WEBマガジンサイトでは、毎週記事を更新しています。
雑誌にない記事もお読みいただけます。