PAPER MAGAZINE

オカムラとForbes JAPAN編集部のコラボレーションによる、
「はたらく」を考えるビジネス誌です。
組織内で変革を起こしたい人に、経営戦略の視点から新たな価値を生み出す「働き方」や「働く場」の情報を発信します。

10月2日(火)に発刊する『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』では、「イノベーションの次に来るもの」と題し、これからの時代における世界のイノベーション動向を探索します。
全国書店・インターネットにてお求めください。

ISSUE 03

THE AGE OF POST-INNOVATIONALISM
イノベーションの次に来るもの

テクノロジーが主導するシリコンバレー式のイノベーションが席巻する近年において、これからの時代、私たちの暮らしをより幸せにするのはテクノロジーだけでしょうか。
本誌では、イノベーションの次に来る、新しい経済のかたちをロンドン、北京、東京に訪れ探りました。
「クリエィティブ」、「インクルーシブ」、「リ・インベンション」をキーワードに新しい価値創造の可能性を紹介します。

名称:WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03
発売日:2018年10月2日(火)
価格:980円(908円+税) 
判型:B5変形 無線綴じ 
ページ数:104ページ 
発行元:株式会社アトミックスメディア(発行人:藤原 昭広) 
発売元:株式会社プレジデント社 
編集企画:株式会社オカムラ(編集長:山田 雄介) 
販売方法:全国書店・インターネット

CONTENTS
PHOTO STORY
1 トーキョー・レトロ・フューチャー
COVER STORY
10 建築家 隈 研吾 あえて「スロー」に ポスト2020年の日本論
PART 1  ロンドン流「クリエイティブ」の育て方
20 CASE 1
  クリエイティブカンパニーをめぐる旅
30 CASE 2
  「デザインの未来」をデザインする学校
34 CASE 3
  東へ南へ ユースカルチャー震源地のいま
38 REPORT
  Brexitとクリエイティブエコノミーの行方
28 MAP
  世界をデザインするロンドンの会社たち
32 COLUMN
  世界で活躍する「2大美術学校」の卒業生
42 COLUMN
  英国式イノベーションの20年
PART 2 北京発「社会にいいこと」の進化形
46 CASE 1
  建築家が挑む「22世紀のスクラップ&ビルド」
50 CASE 2
  世界で一番、地球に優しいピザ店の秘密
52 CASE 3
  富裕層の子の「思いやり」を育てる場所
56 REPORT
  ミレニアル起業家たちが語る北京のリアル
60 INTERVIEW
  中国「ソーシャルムーブメント」の現在地
54 MAP
  世界中に広がる「いい会社」の波
62 COLUMN
  超監視社会がグローバル・スタンダードになる日
PART 3 東京式 「再解釈」の技法
66 CASE 1
  ビジョンも目的もない「逆張り」マネジメント
70 CASE 2
  世界20カ国のエリートがつくる「気持ちいい未来」
72 CASE 3
  やるか、やらないかは「四行詩」で決める
74 CASE 4
  日本の定番がカリフォルニアの新定番になるまで
75 CASE 5
  「生産性の高い働き方」とは? 連続起業家の答え
76 MAP
  “覇権”は湾岸に!? 2027年の東京地図
80 COLUMN
  時代は「イノベーション」から「センスメイキング」へ
82 DATA
  データでみるロンドン・北京・東京
FOREFRONT OF WORKPLACE
84 Sky
POINT OF VIEW
88 Takram代表 田川欣哉
THE CHANGE MAKER
90 ユーダイモニア研究所代表理事 水野貴之
92 WRAP-UP
94 INFORMATION
お問い合わせはこちら

私たちWORK MILLは、
さまざまな企業や組織との共創のプロジェクトを通じて、
これからの「はたらく」に向けた新しい価値創造を目指します。
まずはお気軽にご相談ください。

BACK NUMBER