WORK MILL

EN JP

WORK MILL
with Forbes JAPAN

バックナンバー

2018.10.02 Published

ISSUE 03:THE AGE OF POST-INNOVATIONALISM

イノベーションの次に来るもの

ロンドン、北京、東京に訪れ、イノベーションの次に来る、新しい経済のかたちを探った。「クリエィティブ」、「インクルーシブ」、「リ・インベンション」をキーワードに、新しい価値創造の可能性を紹介する。

CONTENTS

10

COVER STORY

あえて「スロー」に ポスト2020年の日本論

建築家 隈 研吾

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで2年。メイン会場となる新国立競技場の設計に携わる隈研吾に聞く、2020年の後の世界と日本の姿。

18

PART 1

CREATIVE ECONOMY from London
ロンドン流「クリエイティブ」の育て方

ロンドンはいかにして社会全体でデザインマインドを育み、世界で最も多様なクリエイティブシティになったのか? 企業、大学、カルチャースペースを訪ねた。

・CASE 1 クリエイティブカンパニーをめぐる旅 
・CASE 2 「デザインの未来」をデザインする学校 
…and more

44

PART 2

INCLUSIVE ECONOMY from Beijing
北京発「社会にいいこと」の進化形

1978年、鄧小平主導のもと始まった「改革開放」を機にさまざまな分野で首都・北京はその存在感を世界に示し続けてきた。時はたち、2018年。私たちは、北京で起きているソーシャルムーブメントの萌芽を目撃した。

・CASE 1 建築家が挑む「22世紀のスクラップ&ビルド」 PAO / ZAO
・CASE 2 世界で一番、地球に優しいピザ店の秘密 Gung Ho!
…and more

64

PART 3

REINVENTION ECONOMY from Tokyo
東京式 「再解釈」の技法

「イノベーション」ばかりに目を向けるのは、もうやめよう。技術的な新しさはないけれども、
ユニークな取り組みを行う会社たち。浮かび上がってきたのは、「再解釈」というキーワードだった。

・CASE 1 ビジョンも目的もない「逆張り」マネジメント 寺田倉庫
・CASE 2 世界20カ国のエリートがつくる「気持ちいい未来」 自然電力
…and more

88

POINT OF VIEW

日本のクリエイティブパワーを育むために必要なこと

Takram代表 田川欣哉

クリエイティブエコノミーを育むために日本は英国から何を学べるか? 日本に必要な「デザイン立国」戦略を、Takram代表 田川欣哉が語る。

名称:WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03
発売日:2018年10月2日(火)
価格:980円(908円+税) 
判型:B5変形 無線綴じ 
ページ数:104ページ 
発行元:株式会社アトミックスメディア(発行人:藤原 昭広) 
発売元:株式会社プレジデント社 
編集企画:株式会社オカムラ(編集長:山田 雄介) 
販売方法:全国書店・インターネット

BACK NUMBER

バックナンバー

ISSUE 06:Creative Constraints

パンデミックの今だからこそ、「制約に新たな意味を見出し、社会を変革する」世界のリーダーたちの声を聞くことで、この制約の時代に生まれる新たな価値や働き方を探る。

EXTRA ISSUE:FUTURE IS NOW

想像していなかった異次元の未来がいきなり訪れた2020年。WORK MILLがこれまで取材したビジネスやクリエイティブの最前線にいるトップランナーたちへ、働き方やビジョン、そしてこの先の姿を問う。

ISSUE 05:ALTERNATIVE WAY

「成長」「効率」「競争」といった価値観が代表する20世紀の資本主義経営が限界を迎えつつあります。今号では、アジアのオルタナティブな働き方や経営哲学に目を向け、新たな“仕事道”として紹介します。

ISSUE 04:LOVED COMPANY

「愛」という理論でない人間の根源的な感情と企業をテーマに、顧客や社員、地域や社会との強い関係性をつくりだしている国内外の「愛される会社」を探求し、紹介します。

ISSUE 02:THE DANISH WAY

世界幸福度ランキングで長らくトップを維持してきたデンマーク。そんな国の働き方や学び、そして暮らしとは。起業家・大企業社員・クリエイターから学びの現場、一般の家庭まで、話を聞いた。

ISSUE 01:WHY COWORKING?

企業勤めでもフリーランスでもパソコン一台で仕事ができる時代に、人々が殺到している「仕事場」がある。起業家、デザイナー、企業人……多様な知とセンスが交わり、未来を創る究極の仕事場にイノベーティブでサステナブルに働くヒントを探る。

SPECIAL ISSUE:HAPPY WORKPLACE APPROACH

幸福度を尺度にしてエンゲージメントを高め、人材育成と企業の成長に成果を上げている「ハッピーワーク」先進国タイ王国のモデルケースに学ぶ。

ISSUE00:NATURAL BEING

個人の能力を最大化させ、イノベーションを生み出す空間づくりに注力した3社のオフィス事例や、「働き方」に関するトレンドと現状分析について、専門家の視点を紹介する。