WORK MILL

EN JP

多様な働き方を日常に ─「あなたの WORK GOOD」・キムラカズヒロ(ctl)

多様な働き方を“日常”に。

WORK MILLは、自分らしい働き方「WORK GOOD」をつくりだすためのヒントを提供します。今回は、今までWORK MILLウェブマガジンに登場した方々に、それぞれの「WORK GOOD」についてアンケートを実施。

  • あなたにとっての「WORK GOOD(自分らしい働き方)」とは?
  • 「WORK GOOD」実現のために、日々 心掛けていることは?
  • あなたの「働きがい」は?

という3つの問いを通して、一人ひとりの「WORK GOOD」に迫ります。

環境を変えることで新しい発想が生まれる

あなたにとっての「WORK GOOD(自分らしい働き方)」とは?

今の働き方の原点になっているのが、最初に仕事を選ぶときに考えた「サラリーマンはムリ」。毎日同じところに通って同じことをするのが嫌で、将来自分でできることを仕事にしようと考えた。

結果的に飲食店もそこは変わらないことに気づき、違う働き方を求めて今のスタイルにたどり着いた。環境を変え続けることで常に新しい発見と発想が生まれる。

「WORK GOOD(自分らしい働き方)」実現のために、日々 心掛けていることは?

動き続けること。常にアンテナを張り巡らせて、違う場所や環境に身を置くようにしている。

あなたの「働きがい」は?

変化が起きること。自分が関わることで、どんなに些細なことでも変化が起きると、嬉しい。変化とギャップについて日々考えている。

─キムラ カズヒロ(きむら・かずひろ) 合同会社ctl代表 / Creative Cooking Battle 実行委員長
1981年、兵庫県明石市出身。19歳からキャリアスタート。大阪、フィレンツェ、東京で腕を磨き、調理専門学校講師を経て独立。「食を通じて様々な課題を解決する」フードアレンジャーとして活動。与えられた課題を解決するだけではなく、その本質の問題を追究し発見、本来の目的にたどり着くためのサポートを行う。食のプロデュース、フードコンサルティング、マーケティング、レシピ開発、イベント出演、プライベートシェフ、ケータリング、撮影スタイリング、料理教室など食に関わる事業を展開。
著【サルベージ・パーティから生まれた「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ:余った食材、おいしく変身。】

※プロフィールは下記記事の取材当時のものです。

2022年2月4日更新

写真:黒羽政士
編集:プレスラボ