• HOME
  • 「働く」のユートピアを求めて。おすすめ記事10選ーWORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 02創刊記念

「働く」のユートピアを求めて。おすすめ記事10選ーWORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 02創刊記念

2018年3月28日に発売されたペーパーマガジン「WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE2 」。2号目となる今号は、1冊まるごとデンマーク特集!

 

「世界一幸せな国」はいかにしてつくられているのか?

いま、日本がデンマークに学べることとは何か?

 

超福祉国家であると同時にクリエイティブ大国でもあるデンマーク。「働き方・学び・暮らし」の現場を徹底レポートしました。本誌ではヒュッゲの国の“豊かさ”の秘密を、80ページにわたって特集しています。
今回、ペーパーマガジンで取り上げられた内容・テーマと関連性の高い、ウェブマガジンの記事をまとめました。

 

WORK MILL2号の購入をご検討されている方、またご購読いただいた人にも合わせておすすめしたい記事10選を、編集部がピックアップしてお届けします。

 

デンマークのビジネスデザインスクールKAOSPILOTで日本初の卒業生、 株式会社Laere大本 綾さんがみるデンマークの学び

デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmann(ニコライ バーグマン)がみる日本人とデンマーク人の違い

日本と異なる視点を持ったコーチ(伴走者)という職能、スウェーデンにあるデジタルプロダクトスタジオustwo(アストゥ)での取り組み

幸福学からみる日本の「働き方改革」のねじれ

アジアの隣国、タイが挑戦する幸せな働き方「Happy Workplace Program」

幸福に働くために、編集長がみる6つのキーワード

こちらもおすすめ

日本の行政機関の働き方をみる

出る杭は打たれるデンマーク、日本国内にみられる異分子の変革

仕事との向き合い方をみるー「誇れる仕事」に就くことが、当たり前になる世の中へ

関連記事