WORK MILL

EN JP

世界の事例で読み解くコワーキングの未来

連載中

2回 公開済

テクノロジーの進化によって、人々の働き方はどんどん変化してきました。

ノマドワークのように物理的にひとつの場所に留まらずに働くことなどの考え方・価値観が登場し、それに伴って新しいトレンドが次々に登場しています。

この連載では、日本最初のコワーキングスペース「カフーツ」主宰者で、世界中のコワーキングスペーストレンドをウォッチしている伊藤富雄さんが気になるトピックをピックアップ。毎回、世界のコワーキング最新事情をご紹介します。

伊藤 富雄

・産官学民のローカルコワーキング開業運営プロデューサー&コーチ
・経済産業省認可法人「コワーキング協同組合」代表理事
・カフーツ〜コワーキング@神戸〜 主宰

2010年、日本初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開業。以後、自らコワーキングスペースの運営者およびコワーカーとして業務遂行しつつ、各地のコワーキングプロジェクトをサポート。

目下のテーマは、「コワーキング曼荼羅」によるコミュニティとしてのローカルコワーキングの共創と、リモートワーク時代の新しい働き方の啓発と普及。キャッチフレーズは「移働と共創」。

全国のコワーキングスペースを巡る「コワーキングツアー」の開催、ウェブメディア『コワーキングプレス』の運営、note定期購読マガジン配信など展開中。