WORK MILL

EN JP

東京・銀座に女性向けカフェ&コワーキングスペース「DAY ON SALON」生活を豊かにする3つのスイッチをONに

2022年2月15日(火)、銀座駅近くに女性向けカフェ&コワーキングスペース「DAY ON SALON(デイ オン サロン)」がオープンした。運営は株式会社Bright。

提供写真

「DAY ON SALON」は、仕事・身だしなみ・カラダの内側の3つのスイッチをONモードにし、女性が自信を持って生き生きと活躍できる社会を目指すことがコンセプトのスペース。カフェとしてもワーキングスペースとしても利用できる。

提供写真

「私自身、コワーキングスペースではカッチリ仕事をしなければ……というイメージが強く、敷居が高いと感じていました。かといって、カフェだと混みあっていたり、オンラインで打ち合わせをするには適さなかったりという経験もありました。もっと気軽にカフェのように立ち寄ることができ、仕事にも整った環境をと考えたのが立ち上げのきっかけです」と、DAY ON SALON運営チーム広報の牧野桃美さん。

仕事に集中できるスペース、カフェのようにくつろげる空間、ミーティングルームと3種類にフロア分けをし、目的に合わせて利用できる。

入口脇すぐ、洋風にまとめられた「集中スペース」では個人で集中して心地よく作業ができるよう、広めのテーブルを配置。ドライフラワーに囲まれた癒しの空間となっている。また、写真撮影に適した「映える」スポットが随所に用意。

提供写真

通路奥にあるのは和風モダンの癒しスペース。カフェとしての利用や複数での打ち合わせ、オンラインミーティングができる。

癒しスペースの向かいには、グループでのミーティングも可能な3室のミーティングルームが並ぶ。

提供写真

ハーブティーやビネガードリンクなど、美容やカラダを意識したドリンクが並ぶドリンクコーナー。カフェでゆっくりドリンクを楽しむことをメインの目的とした利用者も歓迎だという。

提供写真

広報の牧野さんは美容系インフルエンサー・もみー(@momomi_makino)としても活動中。

そのため、同スペースでは女性の活動を応援する一環として、ヘアメイク用のアメニティやLEDリングライトの貸出、化粧品やヘアケア用品などの美容系のサンプリングも行う。

「インフルエンサーとして活動するなかで、女性が自信をつけてもっといろいろなことに挑戦できるよう活動支援ができたらと考えていました。それをこのようなスペースの形にしたんです。思いを同じくする女性4人のチームで運営をしています」

新型コロナ対策のため、アメニティはスタッフに声がけの上での使用を呼びかけている。

提供写真

「3つのスイッチをONにするというコンセプトの中で美容面というのは一番効果が出やすいと思うのです。仕事を一生懸命頑張っても飛びぬけた成果が出なければ、人に認めてもらうのはなかなか難しい。でも、メイクは少し変えただけでもほめてもらえることがあると思うんです。そういうちょっとしたことが自信をつける最初の一歩になるのではないでしょうか。もちろん、難しく考えずに『ちょっと可愛くしてテンション上げてお買い物行こう』という気持ちの利用も大歓迎です。ご相談いただければアドバイスもします」と牧野さんは語る。

提供写真

「これまでに、『リモートワークで家にばかりいたけれど、ここに来ると元気な女性に会えてうれしい』というお声もいただいています。夢をかなえたくて上京したけれど、どうしたらいいのかわからなかった女性がここでの出会いから一歩踏み出せたという話も聞いています。ご利用者様同士での出会いや交流から、新しいものをどんどんつくっていってもらえるとうれしいですね」とも話す。

現在、コミュニティのオンラインサロン化も検討中。いずれは店舗を別展開し、託児施設を併設し、子どもを産んでも安心して仕事を続けられる環境づくりも目指したいという。

料金は1時間500円、2時間1,000円、1日利用で1,300円。フリーWi-Fi、電源完備、フリードリンク、アメニティの貸出やサンプリングもすべて無料。軽食は別料金。

基本的には女性のみ利用可。ミーティングなどで女性同伴であれば、男性も利用できる。

営業時間は平日11〜18時。土日は不定期営業。営業スケジュールはウェブサイト、インスタグラム、LINE公式アカウントに掲載。定休日は月曜。

DAY ON SALON(デイオンサロン)
東京都中央区銀座5丁目9−5チアーズ8F

編集:ノオト