• HOME
  • 「ZeBrand」を生み出した老舗モリサワの若きイントレプレナー ー 10倍の目標を掲げるチームづくり

「ZeBrand」を生み出した老舗モリサワの若きイントレプレナー ー 10倍の目標を掲げるチームづくり

国内フォント業界最大手のモリサワが、今年2月、米国市場向けに新規事業を立ち上げました。「ZeBrand(ズィブランド)」と名付けられたそのサービスは、スタートアップのブランディングを支援するツールキットを自動生成するというもの。ビジョンや事業領域、ロゴなどをインプットすると、独自のアルゴリズムとAIがその企業に合ったカラーやタイポグラフィーといった要素を含むブランドツールキットを提案してくれます。

 

そんなサービスを世に出したのは、新規事業部門「MORISAWA BRAND NEW Lab(以下MBNL)」。既存の枠にとらわれない“モリサワの新しい柱”をつくるために設立されました。

 

チームをまとめる菊池諒さんは、どのように老舗企業内でイントレプレナーとして走り、新しいサービスを生み出したのか。事業やチームが生まれた背景をはじめ、マインドや仕組みづくりなどについても伺いました。

 

モリサワの課題を解決するために生まれた「ZeBrand」

WORK MILL:まずは、新規事業部門「MBNL」が生まれた背景について伺いたいです。

 

 

ー菊池諒(きくち・りょう)
1986年生まれ。2008年モリサワ入社。 営業本部を経て、12年米国の美術大学Rhode Island School of Designにリサーチフェローとして留学。帰国後、アプリ・フォント部門を経験し、17年10月にMORISAWA BRAND NEW Lab設立。

 

菊池:きっかけは、モリサワが抱えていた課題です。当社は国内でトップシェアを誇っているフォントベンダーですが、海外企業での知名度は高くありませんでした。Google社やAdobe社もフォントを手がけている状況を踏まえると、新しい柱となる事業を、早急につくっていく必要がありました。そこで、経営陣に「業界の枠を越えた視点が必要です」と提案し、留学経験のネットワークを活かせるNYで2カ月ほどリサーチを行ったのち、新規事業チームの立ち上げを打診しました。

 

WORK MILL:迅速かつ柔軟な対応に、菊池さんだけでなく会社の本気もうかがえます。そうして立ち上がったMBNLは、まず何から着手したのでしょうか?

 

菊池:アメリカのミレニアルズをリサーチし、ユーザーにフォーカスしたプロトタイピングを進めました。テーマは「プロジェクト制の働き方が増えるなかで、チームの一体感や統一感を高めるサービスが必要なのでは?」「生まれては消えていくスタートアップ企業に、成長し続けていくためのサポートはできないか?」など。数年後には、50%以上の人材が一定の企業にとどまらない働き方をする、といったデータもあります。そうした背景から生まれたのが「ZeBrand」です。

 

WORK MILL:「ZeBrand」について、簡単に説明していただけますか。

 

 

菊池:企業名や事業領域、ビジョン、ミッション、コアバリュー、ロゴなどをインプットすると、独自アルゴリズムとAIがその企業に合うカラーやタイポグラフィーといった要素を組み合わせた、ブランドツールキット提案してくれるツールです。基本的にブランドツールキットを無料で生成することが可能なフリーミアムモデルですので、社内にデザイナーを抱えていなかったり、予算や時間的余裕のない企業でも、手軽にブランディングの第一歩を踏み出せます。初期ターゲットは、2~10名程度のスタートアップ。そうした企業の創業者は、ビジョンやミッション、コアバリューをしっかり持っているにも関わらず、それをメンバーに伝えきれていないケースが多い。でも、なるべく早い段階でビジョンやマインドを共有し、それに添って急激な成長とともにチームビルディングできれば、会社の成長はさらに加速するはずです。企業規模がある程度大きくなるまで放置されがちなブランディングも、初期からはじめるに越したことはありません。

 

WORK MILL:なるほど。ブランドツールキットをつくることは、ブランディングにどのように貢献するのでしょうか。

 

菊池:一般的なブランドガイドラインには通常、ビジョンやミッション、コアバリューといった項目は含まれていません。でも「ZeBrand」はあえて入力させることで、デザインのビジュアライズを支援するのみでなく、チーム内に、それらを意識する共通認識を生むのです。今年2月にリリースして、早くもアメリカを中心に20カ国・2万ユーザーに使われはじめました。

 

WORK MILL:すばらしいスタートダッシュですね……! そもそも日本やアジア圏ではなく、米国市場向けにローンチしたのは、どうしてだったのでしょうか。

 

 

菊池:これは個人的なインサイトなのですが……アメリカで流行って、アメリカから世界に出ていかないと、どうしても“そのサービスを使わない層”が生まれてしまう気がしました。たとえば中国発の動画アプリTikTokはアジアを中心に大流行しているけれど、アメリカのネイティブ層に受け入れられているかというと、必ずしもそうではないと感じています。「ZeBrand」を最終的に全世界で使ってもらいたいからこそ、最初はあえて米国市場に絞ってローンチしました。

 

チームを支える「自由に動ける環境」と「5つのコアバリュー」

 

WORK MILL:モリサワは、創業95年の老舗企業ですよね。社内でイントレプレナーとして動くなか、やりにくさを感じる場面はありませんでしたか? たとえば、関係部署から方向を強制されたり……。

 

菊池:おっしゃるとおり、そこがイントレプレナーにとって一番の壁になりうる部分かと思います(笑)。でも、僕らは経営陣のビジョンと整合性を合わせつつビジネスモデルを何度も見直してきました。経営陣へは毎月報告を挙げているけれど、基本的には社長直轄の部門として、社長と経営陣の承認だけを得て意思決定をおこなっています。おかげで、本来は5~6階層もある承認プロセスを飛び越えて、スピード感を持ってやってこれた。このスピード感は、世界と闘うときにかならず必要なんですよね。こちらから社長に提案して、いまの体制を整えてもらいました。

 

WORK MILL:初動からとてもいい環境を整えられたわけですね。チームづくりでは、他にどんなことを心がけていましたか。

 

 

菊池:会社に対して強い想いや課題意識がありつつ、最終的にはモリサワを愛しているメンバーをピックアップさせてもらいました。「会社に新たな柱をつくるには、自分たちが結果を残すしかない」ということを、真の意味で理解しているメンバーです。そのチームアップは、イントレプレナー的にはすごく重要なところかもしれません。

 

WORK MILL:そうして選んだメンバーは想いや課題意識があるぶん、まとめるのも大変なのではないかと思います。強いチームがきちんと同じ方向を向いて進むためには、何が大切だと考えていますか?

 

菊池:海外で成長しているイノベーティブだといわれる企業の多くは、コアバリューをとても意識しています。たとえば「Amazonがどうしても欲しかった企業」として有名なラスベガスのネット通販会社「Zappos」は、10あるコアバリューを、採用や評価、意思決定に徹底しています。そして、在籍するメンバーはめちゃくちゃ楽しそうに、自分らしさを発揮しながらいきいきと働いている……。ですので、MBNLでも、日ごろから5つのコアバリュー「We add value」「We are one family」「We have fun」「We learn from failure」「We keep growing」を大切にしています。おかげで同じ方向を向いて行動できるし、チーム愛も深まっていると感じていますね。

 

WORK MILL:MBNLのコアバリュー5つがどのようにして生まれ、どんな意味を持っているのか教えてください。

 

 

菊池:これはチームでかなり時間をかけて、「僕らはなにを大切にして働きたいか?」と話し合いながらつくっていきました。最も重要視しているのは、私たちの存在意義でもある新たな価値を創造する「We add value」。それから、どんなときもこのチームのことを家族のように思える関係性「We are one family」。自分自身が楽しんいる人は、周りにも楽しさを分け与えていくという「We have fun」。大胆にチャレンジし、多くの失敗から学んでいこうとする「We learn from failure」。そして、つねに成長していこうとする「We keep growing」です。私たちにとって、チームという限られたリソースこそが競争優位の源泉だと考えています。自分たちが進化していくことでこそ、世界に通用するサービスを提供し続けていける。そんな気持ちを込めて、この5つのバリューを中心に据えて活動しています。

 

会社と距離をとりながら“4000%の達成”を目指す仕組み

WORK MILL:お話を伺っていると、すばらしいイントレプレナーのモデルケースができていると感じます。けれど、ご自身のなかで、さらに改善していきたいと考えている部分はありますか?

 

菊池:そうですね……いち早く目に見える形で結果を出すことだと考えています。これは初めからわかっていたことなのですが、やはりイントレプレナーは、実績を出して会社に伝えるまで、誰にも認めてもらえないんです。経営陣は信じてくれているけれど、社内の多くは「あの人たちは何をやってるの?」という状態です(笑)。だけど成果が生まれた瞬間に景色が変わるのもわかっているから、いまはつらい時期だけど、頑張り続けていこうと思っています。

 

WORK MILL:その状況を乗り越えるために、チーム外とのコミュニケーションで気をつけていることはありますか。

 

 

菊池:新たなインスピレーションに触れたり、既成概念に捉われないようにMBNLはWeWorkにオフィスを構えています。「イノベーションを起こすには、既存組織から物理的にも離れて活動すべき」というイノベーションのセオリーに則って活動しています。

 

さらに、大きなメリットが2つありました。ひとつは、WeWorkで働く他業界の企業から学びを得て、進化できることです。マーケティングや翻訳、海外のUXデザインといったさまざまなプロフェッショナルがいて、最先端の知見を得られたり、ネットワークを紹介してもらえたり、WeWork海外拠点にてイベントを主催させていただいたり……MBNLはモリサワ内の一組織だけど、やはり一種のスタートアップに近いので、そうした繋がりがとても役立ちます。もうひとつは「チームが外部から認められている」という成果を会社に示しやすいこと。MBNLは、WeWork内で世界的に成長しそうな企業として、新たな試みにも声をかけてもらうこともあり、一緒に成長している実感があります。また、WeWork × AMEX主催のピッチコンテストでもエリア代表に選んでいただいたり、そうした第三者からの評価が得られると、社内にわかりやすく、いいインパクトを与えていけます。

 

WORK MILL:物理的に社外のオフィスを活用するという大きな変化は、歴史ある会社にとってはかなり新しい取り組みだったのではないでしょうか。どうしてこれだけの条件を揃えられたのでしょうか。

 

 

菊池:会社から信頼してもらえたことに対する感謝は、とても大きいです。それと、信じてもらうだけの理由も用意できたのだと思っています。10年近く勤めてきて目標未達が一度もないのは、社内でも唯一というのが自分の強み。その信頼に基づいて、MBNLには「3年で○億円」というミッションが与えられました。でも、私はそれをそのまま受け入れず「その数字では、イノベーションは絶対に起きません」と断言したんです。すると経営陣は、その3倍の数字を提示しました。それでもまだ、自分の中で達成可能な数字だと感じ、既存の延長線上にあるアイディアしか出てこないと直感的に思いました。そういう事態を避けるために、結局は「最初の10倍以上の数字を2020年までに達成する」という約束をしました。もちろん厳しい目標ですが、そのコミットがなければ、さすがにここまでの環境は整えてもらえなかったと思います。適切なストレッチ目標を持つことで、普通じゃないことができるし、自分たちが覚醒するために全力も出せる。僕らが目指したいのは、120%じゃなくて、4000%や7000%など、10倍以上の達成です。

 

WORK MILL:120%達成する方法と、4000%達成する方法は、具体的にどう違いますか?

 

 

菊池:現在地から120%まで伸ばすために、いまの方法を“改善”するのは、日本人の得意なアプローチです。でも、4000%まで伸ばすには、まったく異なる視点からのアイディアの投げ入れや、アイディアそのものを心から望む探究心が必要。もちろん、120%を実現することが得意なメンバーもいるから、そのあたりはバランスをとりながら、みんなが納得できる方法や目標をつくらなければなりません。でも私自身は、4000%の高みを目指す視座を持って、その最短ルートを探していきたいと思っています。

 

「一人の人間は、世界を変えられる」ジョン・マエダに突き動かされた夢

 

WORK MILL:今おっしゃったような、菊池さん個人としての目標や、これから追っていきたいテーマはありますか?

 

菊池:僕は、世界を変えていきたいと思っています。きっかけは、リサーチフェローとして1年間 米国の美術大学Rhode Island School of Design(以下RISD)に留学していたこと。当時、メンターや教授から毎日のように「What do you really want to do?」と何度も尋ねられたんですよね。それで、本当に自分のやりたいことを常に考えるようになったのが、ひとつ。

 

もうひとつは、そのときRISDの学長であったジョン・マエダさんから言われた言葉です。「一人の人間は、世界を変えられる。君はその一人だよ」……それからは、自分のために生きるのではなく、使命感とともに自分の経験を通じて世界をよりよく変えていきたい、と考えるようになりました。

 

WORK MILL:壮大で、とても素敵なテーマです。その目標に、どのようなアクションで挑んでいかれますか? モリサワやMBNLで成し遂げることとも、繋がりがあるのでしょうか。

 

 

菊池:自分自身の成功と会社の成功は、いま、ほとんどイコールになってきていますね。チームやサービスが認められれば、自分のことよりもうれしい。それに「ZeBrand」自体も、自身の目標を体現するツールだと思っています。ブランディングの第一歩を担う「ZeBrand」を使えば、私たちは人間として、その領域を越えた“自分らしい表現”からはじめられるようになる。一定のブランディングの土台を整えることで、自分らしさを発揮するという大切な部分に、しっかりエネルギーが注げるようになると考えています。おそらく、仕事だって同じ。この先、いままで打ち込んできた仕事がAIに代替される場面があるかもしれません。もちろんインパクトはあるだろうけれど、そのときあらためて自分や周りに「What do you really want to do?」と問いかけながら、誰もが自分らしく本当にやりたいことを実現できるような自分らしさのブランド化をサポートしていきたい。それが、世界をよりよく変えることにつながっていくと信じています。

 

 (撮影場所:WeWork 丸の内北口)

 

 

2019年9月6日更新
取材月:2019年8月

 

テキスト:菅原さくら 
写真:マスモトサヤカ

 

最新記事