デジタルネイティブが変える働く「場」~2025年、働き方の転換点~

日時:2019年05月16日 15:30~17:00
デジタルネイティブが過半を占める2025年、コミュニケーションの取り方はどのように変わるでしょうか?

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2019年5月16日(木)15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    株式会社オカムラ
    Open Innovation Biotope ”Sea”
    東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階

  • 対象:
    これからの働き方やイノベーションに関心のある方
    人事、経営企画、新規事業、推進プロジェクトに携わる方
  • 主催:株式会社オカムラ
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:20名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込みいただいても結構です。
    ※1社4名以上のお申込みの際にはご相談ください。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせていただ場合がございます。
    ※主催者・登壇者などの都合により、イベントを中止させていただく場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

デジタルネイティブ世代との共生とは?

日本では1992年頃からインターネットが普及し、それ以降に生まれたデジタルネイティブと呼ばれる世代は25歳になり、人生の途中でITが生活に取り入れられた世代(デジタルイミグラント)との共生が始まっています。

子供のうちからパソコンやスマートフォンが身近にあり高いITリテラシーでインターネットを使い様々な物事を調べる能力はもちろん、SNSなどを使ったコミュニケーションも活発に行っています。

プライベートの時間を重視し、社会問題や社会奉仕などに意識が高くボランティアなどに強い関心を持ち、逆に物に対する興味が少なく、カーシェアリングだけでなく、自分の自宅を貸したり・借りたりと言ったこれまでの世代が躊躇するようなことにも柔軟に対応しやすい傾向にあります。

このデジタルネイティブとデジタルイミグラントが共存する今、組織内でのコミュニケーションにどのような変化が起きていくのでしょうか? この事に思いを巡らせ、多様なコミュニケーションのあり方を探ってみようではありませんか。

※登壇者の松下先生に昨年WORKMILLにて取材しました。
取材記事はこちらです。
欧米のワークスタイルから考える、これからのコミュニケーションと組織のあり方
デジタルネイティブ世代の可能性を引き出す分散型組織の作り方

プログラム

■ゲスト
松下 慶太(実践女子大学 人間社会学部 准教授)

■モデレーター
鈴木 勇二(株式会社オカムラ フューチャーワークスタイル戦略部 エグゼクティブリサーチャー)
垣屋 譲治(株式会社オカムラ フューチャーワークスタイル戦略部 WORKMILLリサーチャー)

 

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 プレゼンテーション
実践女子大学
松下 慶太

16:00 ワークショップ 
 16:25 クロストーク
松下 慶太 ×鈴木 勇二 ×垣屋 譲治
16:45 質疑応答
17:00 懇親会
18:00 終了

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加いただけます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。