NEWS

「ニューノーマルのワークプレイスを考える指針」を発行しました

 

ニューノーマルのワークプレイスを考える指針となるレポートを公開

新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界中の企業がワークスタイルを見直し、在宅勤務をはじめとするリモートワークの導入やシェアオフィス利用の検討などを中心とした新たなワークプレイスのあり方を検討しています。

オカムラは、長きにわたり継続的に働き方や働く環境に関して調査・研究を続けてきた経験を生かし、新型コロナウイルス感染症拡大によって意識され始めたニューノーマルにおける働き方と働く場について考える指針をまとめました。

「NEW NORMAL WORKPLACE PRINCIPLE / ニューノーマルのワークプレイスを考える指針」では、新型コロナウイルス感染症によって変化したこれからの働き方を考えるための「New Normal 11これからの働き方を考える10+1の視点」を導き出し、そのなかでもニューノーマルで特に重要となる視点について詳しく紹介しています。それぞれの企業にふさわしいニューノーマルを見つけ出し、どのような状況にも対応できるレジリエンス(柔軟な強靭さ)を築くための指針となるレポートです。ぜひご覧ください。

 
 
 
 

LATEST NEWS

WEB MAGAZINE

WEBマガジンサイトでは、毎週記事を更新しています。
雑誌にない記事もお読みいただけます。