新しい働き方「座り時々立ち仕事」の実情
~日本のオフィスに根付くのか?~

日時:2016年05月24日 15:30~17:00
5月度の”ワークプレイス・プラクティス”は「座り時々立ち仕事」をすでに実践している3つの企業の方々と、岡村製作所の+Standingコンシェルジュを加え、新しい働き方について考えていきます。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2016年5月24日(火) 15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    OPEN INNOVATION BIOTOPE "Sea"
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    ・働く場の実践事例に興味のある方
    ・総務、FM、人事、経営企画系の業務に携わるご担当者様
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたしします。

”ワークプレイス・プラクティス”は、新しい「はたらく」に向けたワークプレイスの実践講座。
新しい働き方や働く場のコンセプトにもとづいて構築された実践事例を取り上げ、
その事例にたずさわった関係者の方をお招きし、学んでいきます。

「立ち仕事」ブームの実情

近年、「座り過ぎ」が健康に悪い影響を与えるという研究結果が、数多く報告されるようになりました。こうした中、オフィスワークに立ち仕事を取り入れる「+Standing」の働き方が、北欧を起点に欧米に浸透してきています。

一方、日本人は一日平均7時間座っており、これは世界20ヶ国を調べた中で一番長いという研究結果があります。また、オフィスワーカーの7割が座りっぱなしということが、弊社の調べでわかりました。このような日本で、「座り時々立ち仕事」の働き方は根付くのでしょうか?

実は今、日本でも「+Standing」の働き方が急速に浸透しつつあります。これには、ワーカーの健康面だけでなく、仕事の効率面や、同僚との交流面にも効果があることがわかってきました。

今回、「座り時々立ち仕事」をすでに実践している先駆者であるマニュライフ生命保険株式会社・株式会社清和ビジネス・株式会社メタルワンの方々にお話しいただいた上で、弊社の+Standingコンシェルジュも加わってクロストークを行うことで、新しい働き方についてインタラクティブに考えていきたいと思います。

プログラム

■ゲスト

中林 昌詞(マニュライフ生命保険株式会社 不動産部 ファシリティーズ・ディレクター)
丸山 史夫(株式会社清和ビジネス 働き方研究室 室長)
山川 慶一郎(株式会社メタルワン 薄板事業部 東京薄板 第二課)

■モデレーター

武田 浩二(株式会社岡村製作所 +Standingコンシェルジュ)

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:45 登壇者によるプレゼンテーション①
マニュライフ生命保険株式会社 中林 昌詞
16:00 登壇者によるプレゼンテーション②
株式会社清和ビジネス 丸山 史夫
16:15 登壇者によるプレゼンテーション③
株式会社メタルワン 山川 慶一郎
16:30 登壇者3名とモデレーターによるクロストーク、質疑応答
中林 昌詞 × 丸山 史夫 × 山川 慶一郎 ×
株式会社岡村製作所 武田 浩二
17:00 終了

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加頂けます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。