SEA DAY 02 [Day2-02]
ワークインライフを実践していくために重要なこと

日時:2016年12月06日 13:30~15:00
個人が生産性高く、楽しくイキイキと働く組織になるために必要な新視点=『ワークインライフ』。組織と個人が実践するための重要なポイントを考えます。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2016年12月6日(火) 13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所 :
    Open Innovation Biotope "Sea"
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    「はたらく」に興味・問題意識を持つ企業・組織・学生の方、
    組織の変革に関わる管理部門、経営企画部門の方など
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。

Day 2
「働き方変革」を共に生み出す

3回目の開催となるカンファレンスイベント“SEA DAY 02”は、根本的なテーマである「働き方変革」と「オープンイノベーション」について今一度追求していき、その交差点から自分たちの「はたらく」を一歩前に進めるきっかけをつかむ、そんな機会にしたいと思います。

概要

「はたらく」ことは本来ポジティブなものであるはずです。自分のスキルを活かして仕事をし、その仕事を通じて社会に貢献していく。そんな楽しいものであるはずの仕事にがんじがらめになって、疲れてしまっている人がたくさんいる気がしています。

ワークライフバランスではなく、その先へ。

ワークインライフ(※)という視点で、個人も組織も改めて「はたらく」を捉え直し、働き方変革やダイバーシティなどに対し積極的に行動していくことが今、大切なのではないでしょうか。

※ ワークインライフ=ライフ(人生・どう生きどうありたいか)がまずあり、それを実現する手段の一つとしてワーク(仕事)がある、と捉えること。

今回は 「Work in Life Labo. 第一回公開研究会」 として、ワークインライフを「障がい」の分野で自ら積極的に実践し取り組んでいる、日本電気株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 障がい攻略エキスパートの上原大祐氏と、「コミュニティデザイン」の分野で率先して取り組みを実践している、一般社団法人Solabo  工藤紘生氏をお迎えし、ワークインライフを実践・推進していくための重要なポイントを考えていきます。

プログラム

■ゲスト

上原 大祐(バンクーバーパラリンピック銀メダリスト/日本電気株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部
障がい者攻略エキスパート/NPO法人D-SHiPS32)
工藤 紘生(一般社団法人Solabo 代表理事)

■モデレーター

薄 良子(株式会社岡村製作所)

13:00 開場
13:30 イントロダクション
13:40 ゲストによるプレゼンテーション
上原 大祐
工藤 紘生
14:30 クロストーク×インタラクティブセッション
ゲストスピーカー × 薄 良子
15:00 終了
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの「はたらく」を考える1日

このたび株式会社岡村製作所は”SEA DAY 02”を開催します。

「SEA DAY」とは、Seaが定期開催するカンファレンスイベントです。「はたらく」に興味を持つ企業・機関の方々や、パートナーとして協業関係を築いていこうと考える企業・機関が一同に集まり、Seaに込めたマインドを共有すると共に、共通意識を生み出し、コラボレーションによる価値創造のスタートアップの重要な機会を創出します。


Day 2 「働き方変革」を共に生み出す
他のセッション情報

スライド4

[Day2-01] 詳細ページへ>>

スライド6

[Day2-03] 詳細ページへ>>


多彩なセッションの詳細は”SEA DAY 02”メインページよりご確認いただけます!

Biotope1200__440_Re2_111

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。