ヒトとテクノロジーの共生 〜ワークプレイスにおけるセンシングの功罪〜

日時:2019年06月17日 15:30~17:00
進化していくIoTやAIと如何に共生していくのか?を探っていきます

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2019年6月17日(月)15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    株式会社オカムラ
    Open Innovation Biotope ”Sea”
    東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階

  • 対象:
    これからの働き方やテクノロジーに関心のある方
    人事、経営企画、新規事業、推進プロジェクトに携わる方
  • 主催:株式会社オカムラ
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:20名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込みいただいても結構です。
    ※1社4名以上のお申込みの際にはご相談ください。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせていただ場合がございます。
    ※主催者・登壇者などの都合により、イベントを中止させていただく場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

新たな知見の獲得や社外ネットワークの構築などを通じ、参加者が未来の「働き方」や「働く場」について、ヒントを得られる場づくりを行います。

ヒトとテクノロジーの共生とは?

英国に設置されている監視カメラは500万台以上と言われ、世界有数の監視カメラ大国である。

英国市民は1日に平均300回カメラで撮影されるともいわれ、市民は露出に晒されている。

2005年に発生したロンドン同時爆破テロでも実行犯の特定にカメラ画像が寄与している。

一方では、犯罪と無関係な一般市民を常時撮影することについて、市民団体による強い反対もある。

日本ではETC利用者は90%を超え、インターネットのルート案内を利用すれば日々の行動が把握される一方で、

保険会社では安全運転をするドライバーの保険料割引で優遇するサービスもある。

テクノロジーの進化は止められないが、その中でもIoTとAIは“敵”なのか“味方”なのか?

この事に思いを巡らせ、テクノロジーとどうやって共生していくのか?

ご参加いただいた皆さんと探ってみたいと思います!

プログラム

■ゲスト
荒川 豊 氏(九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授)

■モデレーター
垣屋 譲治(株式会社オカムラ フューチャーワークスタイル戦略部 WORKMILLリサーチャー)

 

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 プレゼンテーション
九州大学
荒川 豊

16:10 ワークショップ 
16:50 クロージング
17:00 質疑応答・ネットワーキング
18:00 終了

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加いただけます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。