副業元年は企業やワーカーに何をもたらす?

日時:2018年03月06日 15:30~17:00
今回のワークデザイン・アドバンスは「副業」をテーマとし、まだまだ知らないことの多い副業の実態を紐解きながら、副業や兼業の普及が企業やワーカーに与える影響について考えていきます。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2018年3月6日(火) 15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    株式会社岡村製作所 ガーデンコートショールーム
    セミナールーム(旧・Open Innovation Biotope ”Sea”)
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    これからの働き方改革やイノベーションに関心のある方
    人事、経営企画、新規事業、推進プロジェクトに携わる方
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※1社4名以上のお申込みの際にはご相談ください。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※主催者・登壇者などの都合により、イベントを中止させて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

副業や兼業の普及は、企業やワーカーにとってどんなメリットがあるのか?

平成30年は、「副業元年」になると言われています。働き方改革を推進する政府が柔軟な働き方を生む施策として副業や兼業の普及促進を図ることで、企業と従業員の関係が大きく変わろうとしています。企業も社員の成長やイノベーション創出、優秀な人材確保といった効果を期待し、すでに副業を許可し、実践する企業も生まれ始めています。

一方で、副業解禁に対しては、否定的な意見も少なくありません。

「ワーカーの労働時間をどう管理するのか?」「情報漏えいのリスクは?」「利益相反になるのではないか?」

など、さまざまな懸念点が挙げられ、多くの企業がその導入に対してまだまだ消極的だという声も聞こえてきます。
期待と不安の多い副業について議論が加速していく中、企業やワーカーはいま何を考えるべきなのでしょうか?

今回のワークデザイン・アドバンスは「副業」をテーマとし、まだまだ知らないことの多い副業の実態を紐解きながら、副業や兼業の普及が企業やワーカーに与える影響について考えていきます。自らも副業を実践しつつ、企業やワーカーの副業導入の最前線に立つおふたりのゲストを招き、考えを深めていきます。

プログラム

■ゲスト

塚本 恭之 (ナレッジワーカーズインスティテュート株式会社 代表/一般社団法人企業間フューチャーセンター 代表理事)

青野 誠 (サイボウズ株式会社 人事部 副部長 兼 チームワーク総研 研究員/NPO法人フローレンス 働き方革命事業部)

■モデレーター

庵原 悠(株式会社岡村製作所)

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 登壇者によるプレゼンテーション
塚本 恭之、青野 誠

16:30 クロストーク
塚本 恭之 × 青野 誠 × 庵原 悠
16:50 質疑応答
17:00 終了

 

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加頂けます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。