ミレニアル世代の働き方 ~女性活用の盲点とはなにか

日時:2018年01月30日 15:30~17:00
今回のワークデザイン・アドバンスはジェンダーをテーマとして、これから社会にはばたく大学生と実際に社会で活躍している女性のリアルな状況・感覚について、大学とメディアの視点からお話を伺います。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2018年1月30日(火) 15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    株式会社岡村製作所 ガーデンコートショールーム
    セミナールーム(旧・Open Innovation Biotope ”Sea”)
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    これからの働き方改革やイノベーションに関心のある方
    人事、経営企画、新規事業、推進プロジェクトに携わる方
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※主催者・登壇者などの都合により、イベントを中止させて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

大学生と社会人の意識のギャップから、これからの女性のモチベーションを読み解く

人生を豊かに生きていくために、働く人の視点に立った働き方改革が進められています。働き方改革実行計画の中には、労働生産性向上や長時間労働の是正などと合わせて、「女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備」という項目も設定されています。

企業内で働く人の比率としては女性はまだまだマイノリティであることも確かです。一方で、実際に働く女性たちからは性別で一括りに捉えられることには違和感があるという意見も聞かれます。ダイバーシティ&インクルージョンの実現のためには、これまで以上に多角的な視点を持ち、一人ひとりの個性に合わせて人材育成をしていくことが大切になるのではないでしょうか。

そこで今回のセミナーではあえてジェンダーをテーマとして、これから社会にはばたく大学生と実際に社会で活躍している女性のリアルな状況・感覚について、大学とメディアの視点からお話を伺います。

クロストークでは、社会に「送り出す立場」「受け入れる立場」という大学と企業間のギャップや、企業のマネジメントの課題について、考えを深めていきたいと思います。

プログラム

■ゲスト

中川 麻子(大妻女子大学家政学部 被服学科 准教授)

横田 良子(株式会社プレジデント社 編集本部「プレジデント ウーマン」副編集長)

■モデレーター

森田 舞(株式会社岡村製作所)

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 登壇者によるプレゼンテーション
中川 麻子、横田
 良子
16:30 クロストーク
中川 麻子 × 横田 良子 × 森田 舞
16:50 質疑応答
17:00 終了

 

 

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加頂けます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。