アカデミアと地域と企業を結びつける共創の場のつくりかた

日時:2017年08月29日 15:30~17:00
今回は、人工知能学会市民共創知研究会から大学研究者、企業研究者、地域コーディネーターをお招きし、アカデミアが、そして企業が地域の問題とどのように関わっていくことができるのかについてお話しいただきます。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2017年8月29日(火) 15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    Open Innovation Biotope "Sea"
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    これからの働き方変革やイノベーションに関心のある方
    人事、経営企画、新規事業、推進プロジェクトに携わる方
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

大学研究者と企業技術者が手をとりあって地域の課題に挑むには

「学会」と聞いてどんなイメージをもたれるでしょうか。専門家が集まって、閉じた環境の中で、高度な議論を繰り広げる。たしかにそうした姿も間違いではないのですが、専門的な技術や知識をいかに社会の課題と接続していくかという、開かれた学会をつくろうとしている人たちもいます。
大学研究者と企業の技術者が一緒になって、地域にある課題に寄り添い、解決に向けて地元の方と取り組んでいく。そんな場をつくろうとしているのが人工知能学会市民共創知研究会です。

人工知能学会市民共創知研究会 ホームページ

今回は幹事である大学研究者、場づくりの支援を行う企業研究者、そして受け入れ側の地域コーディネーターをお招きし、アカデミアが、そして企業が地域の問題とどのように関わっていくことができるのかについてお話しいただきます。
自らの持っている技術や知識と社会課題を接続したい研究者の方、CSRやCSVの延長で地域貢献を課題とされている企業関係者のみなさま、そして自分の地域にある課題をいろいろな人の知恵をかりながら解いていきたいと考えておられる自治体関係者のみなさま。そんな方々のヒントになればと願っております。

プログラム

■ゲスト

藤田 桂英(東京農工大学 准教授)
堀田 竜士(富士ゼロックス株式会社 コミュニケーション技術研究所 研究員)
佐藤 雄二(対馬市島おこし協働隊OB)

■モデレーター

池田 晃一(株式会社岡村製作所 オフィス研究所)

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 登壇者によるプレゼンテーション
藤田 桂英 東京農工大学 准教授
堀田 竜士 富士ゼロックス株式会社
佐藤 雄二 対馬市島おこし協働隊OB
16:20 クロストーク
藤田 桂英 × 堀田 竜士 × 佐藤 雄二 × 池田 晃一
16:50 質疑応答
17:00 終了

 

 

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加頂けます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。