働き方イノベーション「健康と仕事のパフォーマンス」メンタルヘルスサポートのための慢性腰痛対策とオフィス環境のあり方

日時:2019年01月29日 19:00-20:00
現代オフィスで課題となりやすいメンタルヘルス不調と慢性腰痛。日常のオフィスにおいて実現可能なソリューションをオープンに協議する、公開型トークセッションを開催!

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2019年1月29日(火)19:00~20:00
  • 場所 :
    株式会社オカムラ
    Open Innovation Biotope ”Sea”
    東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階

  • 対象:
    「健康」をテーマに働き方改革に興味を有する企業関係者、オフィス環境整備に関わる企業関係者、一般の社会人、興味を有する市民
  • 共催:
    株式会社オカムラ・WORK MILLプロジェクト
    株式会社ラーニング・イニシアティブ
    日本医科大学 衛生学・公衆衛生学 陣内 裕成
  • 参加費:無料
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせていただ場合がございます。
    ※主催者・登壇者などの都合により、イベントを中止させていただく場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。

本イベントは、経済産業省の推進する社会人向け教育講座・イベント「プレ金大学」のプログラムとして実施します!

プレ金大学、開校。

月に一度、イノベーションのためにインプット&学び直しをしよう!

全国の未来志向の企業と、未来志向の大学による日本の未来をリードするイノベーティブ人材の育成プログラム。現役のビジネスパーソン向けに金曜に開催される特別講義は、30−40代の若い研究者(含む大学院生・学生)を中心とした最先端の研究講義。

新しい刺激を受け交流する新しい学びプログラム、“プレ金大学”、2018年秋に開校します。

>プレ金大学 ホームページへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

メンタルヘルス不調・腰痛に対抗するオフィス環境のあり方とは?

現代オフィスで課題となりやすいメンタルヘルス不調と慢性腰痛。両者の共通点には、仕事のパフォーマンス・生産性が下がることが挙げられる。重篤なメンタルヘルス不調・腰痛とはならないまでも、本来の生産性・創造力が発揮できずに働いている人は多い。この課題に対して、日常のオフィスにおいて実現可能なソリューションをオープンに協議する公開型クロストークを実施する。

プログラム

 

■ゲスト
陣内 裕成(日本医科大学 衛生学・公衆衛生学)
川又 華代(東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 理学療法士・認定心理士・シナプソロジーインストラクター)
岡部 祥司(NPO法人ハマのトウダイ設立 共同代表 / 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ エヴァンジェリスト)

18:30 開場
19:00 クロストーク&インタラクティブセッション
働き方イノベーション「健康と仕事のパフォーマンス」  ~ メンタルヘルスサポートのための慢性腰痛対策とオフィス環境のあり方 ~
陣内 裕成 × 川又 華代 × 岡部 祥司
20:00 ティーパーティー(懇親会)

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。